睡眠の悩み

ベッドには12時頃に入るのに
夜中の3時頃まで寝付けない

睡眠の途中で
目が覚めてしまって
しっかり眠った感覚がないなど、

夜間にしっかり
寝付けないというのは辛く
心身へのダメージも
大きいものです。

不眠の要因として、
脳のスイッチがONの
緊張したままになっている状態。

通常は自動で
ON/OFFの切り替えが
行われていますが

様々な理由で
その切り替えが
上手くいかなくなることがあります。

脳のスイッチが
自動でOFFになりにくい方は、

下記のように
身体の五感にアプローチするのが有効的です。

五感療法について

【景感へ】

寝る1時間位前から
テレビやパソコン、スマホなどを控え、
視覚に入る光の量を下げて過ごす

【味感へ】
ハーブティ
寝る前にリラックス系の
ハーブティーを飲む

【香感へ】

寝る1時間位前から
夜用のアロマを焚いて
嗅覚から脳に働きかける

【肌感へ】
ハンドマッサージ
ベッドの中で
深呼吸を繰り返し、
お腹の膨らみや凹みの
身体の感覚に意識を集中させたり、

手のマッサージをして
肌の感覚に働きかけたりする

【響感へ】
オルゴール療法
睡眠導入効果のある音楽を
小さな音で流し、
聴覚に意識を向けたりする

こうした感覚に働きかける事で、
自然と副交換神経(リラックス状態)が高まり、緊張感が取れてきます。

また無理に寝ようとせず、
ベットの中で

寝れないなら、
無理に寝なくてもまあいっか~

という具合でいると、

自然と脳の思考を司る部分のスイッチが
OFFに切り替わり、次第に眠りにつくことが出来たりします。

自分に合った療法を見つけて
2つ3つ持っていると心強いものです。

それでは、今日も
素敵な1日となりますように(*^^*)