ネガティヴな思いは
決して悪いことばかりではない。

ネガティヴは、『気づきの道具』

その事柄から、
自分が何を教えられているのか?

なぜ、自分自身が
それを引き寄せたのか?

それに気づく。
そして学ぶ。

また色々な事で、
申し訳ないと自分を責める必要はない。

相手がどうではなく、
まずは自分。

幼かったあの頃、その出来事から
浮かんだネガティヴな言葉・イメージ。

もし大人になった今現在も
事ある毎に

それが瞬間的に浮かび、
つらい思いをしているのなら、

それは、もう捨てるという
選択支もあるのだということ。

これからどういう考えを持ち、
どう生きるのかは
自分で選択できることを
知ること。

私達は多くの可能性を持っている。

相手がどうかではなく、
まずは自分。

こびりついた、要らないものを
剥がして、身軽になる。

自分が気づき学ぶと、
不思議と周りも変化し始める。

image

今日も1日あなたに感謝^ ^