“今•ここ”に焦点を合わせる

あの頃から
何度もみた夢は
5年10年15年と時が経ち
今はもうみなくなった。

少しずつ忘れゆく
あの頃の感覚

今目の前にある現実は
とても緩やかなのに

ずっとその過去を手放せなくて
過去に生き続けた

手放してしまうと
自分がなくした何かを
認めなくちゃいけないから

でも、もう
そんな過去と向き合って
盛大なお別れ会を開いてあげよう

そんな過去があったからこそ
今巡り会えたものが
たくさんある

“何かを失くすことは
何かを得ること”

その事に気付いた時
もう自分は
前へ走り出している

今、そばにいてくれる人と
“今•ここ”に焦点を合わせ
精一杯楽しんで生きよう