本音を話す訓練をする。

もしも、
孤独や寂しさを
感じているのに

その心根を親しい人に
話した事がないのなら、

その相手も、それとなく
孤独や寂しさを
心の底で感じているかもしれない。

いつの頃からか、
心の内を
見せられないようになり、

いつの間にか
それが普通になって

いつも良い子のように
振る舞うのが
習慣になってしまっているのなら、

相手はきっと
あなたの事を
気に掛けながら

その事に寂しさを
感じているかもしれない。

いつもあなたの味方となり、
受け止めてくれる人がいるのなら、

本音の心の叫びを
話す訓練をしてみよう。

心が辛いときに、
何事もないかのように
振る舞うのはやめよう。

大笑いしたり、
怒ったり、
寂しがったり、
哀しみに涙したり

その方がずっとずっと
人間らしい。

お互いが気持ち良く、
本音を話す訓練をしていこう。

寒さが増してまいりました。
どうぞご自愛くださいませ。^^