【ストレス下にある時、欠乏しやすい栄養素は?】

慢性的な緊張状態が続いて
長期間ストレス下にある時や、

2年間位の短いスパンで
日常生活での大きな変化が
いくつもあったりした時、

身体はそれに適応しようと
数々の生理的変化を起こします。

その中の1つとして、
まず特定の栄養素が
多量に必要とされます。

例えば、ビタミンB群など

これらが欠乏状態してくることで
皮膚炎や湿疹
【子どもの蕁麻疹、喘息など】を
引き起こしたりします。

またミネラルの中では
マグネシウムが欠乏状態となりやすいです。
マグネシウム

もちろんビタミン剤などによる
過剰摂取は逆効果ですが、

もしも原因が分からない
皮膚炎や湿疹、蕁麻疹、喘息などを
抱えている場合は

1度自分に「長い間、自分は
ストレスを抱えて
生きてきたのではないだろうか?」と
問いかけてみてはいかがでしょうか?

また偏頭痛やうつなどを
抱えている方などは意識して、

これらの栄養素を含む
食事メニューを取り入れてみてはいかがでしょうか〜(*^^*)?

image

それでは本日も良き日を
お過ごし下さいませ〜♪