四日市,カウンセリング,くれたけ心理相談室

カウンセラー紹介

カウンセラー 坂口ナオミ

image

ライセンス・研修履歴
トッピング・インターナショナル認定
ウィルネスキネシオロジープラクティショナー
EFT-Japan 認定プラクティショナー
米国NLP協会認定プラクティショナー
医療福祉情報実務能力協会認定メンタルケア心理士
心身改善臼井靈氣(レイキ)療法師
ブレインヒール ヘッドセラピスト

略歴

三重県で出生。

短大卒業後、児童養護施設にて虐待等により様々な理由で入所した児童の生活のサポートや心理ケアに従事。

その後は、医療法人の受付事務のお仕事を長年してきましたが、その病院内で取り入れた簡単なカウンセリングを患者様に実践する課程で心理カウンセリングの有効性を体感する。

心と身体について改めて勉強し直し、愛情あふれるセラピストを目指し、現在のくれたけ心理相談室にて勤務。

セッションへの思い

ご縁をいただいたクライアント様と共にその心と身体の声を聴かせていただき、クライアント様自身がもともと持っている心と身体の自然治癒力を取り戻すことで、これから先より健康で心豊かな人生を過ごされるお手伝いができることは私にとっての大きな喜びでもあります。

年齢を問わず今現在、何らかの悩みを抱えているクライアント様のお話をお伺いし、状態に合わせて、最善の心と身体のセラピーをさせていただけるよう、今後も励んでまいりたいと思っております。

この度カウンセリングを受けようとしているその勇気と行動力に敬意を払い、心を込めてご対応させていただきます。

セラピストになったきっかけは…

幼少期からいつも心身のどこかに不調を抱えては、私はどうしてこんなにいつも病気がちでしんどく疲れやすいんだろう、もっと身体が丈夫ならやりたいことができるのに…と思いながらも

いつもすぐにぐったりと疲れてしまい、ひたすら寝て過ごすことも多く、時間を無駄に過ごしている自分がとても嫌でした。

またいつの頃からか私は「人とのコミュニケーションが苦手!」「話すのが下手」という自己意識が強くあったため、本当は皆と楽しく仲良く過ごしたいと思いながらも、自分自身の心を開けることが出来ずに相手からは”いったい何を考えているのか分からない人”と度々言われてしまい、人知れず落ち込む事も多々ありました。

当時は、このような悩みを抱えながら、日々過ごしていました。

そして、将来の方向性も曖昧だった頃、一人の経営コンサルタントさんと出逢い、自分自身の目で見ていた方向とは全く別の道もあるのだということ教えていただきました。

それから何かに導かれたかのようにセラピストとしての道を歩みだしました。

セラピストとなり日々を過ごす中で私自身も色々な心理療法家の方々との出逢いがありました。そのお陰でエネルギー不足の根本原因がわかり日に日に心と身体が自由に軽くなっていくのを実感することができました。

私が心理面と身体面とを共に学ぶ過程で体感してきたことは、過去の忘れられた記憶に着いている未消化の思いがいかに現在の身体面への影響を与えていたかということでした。

そして、同時に今置かれている生活背景そのものがその方の身体にあっていない時、どのような心理面への悪影響があるのかということも見させていただきました。

これまでに様々な出来事がありましたが、現在すっかり軽くなった心と身体で充実した日々を過ごさせていただけるようになりました。
今ではセラピストの道を歩き出して本当に良かったと思っております。

好きな事

カフェに長居、神社参拝、海を眺めること、マッサージ、アロマなど…

image

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 くれたけ総合受付センター 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP