四日市,カウンセリング,くれたけ心理相談室
雲の上はいつでも晴天(ブログ)
  • HOME »
  • 雲の上はいつでも晴天(ブログ) »
  • メンタルヘルス

メンタルヘルス

見え方を味方に

見え方を味方に。 「親が子を育てている。」 「子は親に育てられた。」 そう思うと 何かがおかしくなる時がある。 でも、 「親が子に育てられている。」 「子は親を育てている。」 そう考えると 何かのひっかかりが 解消される …

ごめんなさい。

「ごめんなさい。」 人は、 心に抱えた 罪悪感が大きいほど 小さなごめんなさいが 言えなくなる事がある。 さらっと言えば、 済んでしまう事でも 言えなくて、 ずっと抱えて 息を潜め、身を隠し。 でも その昔に背負った 大 …

極めると見える世界

極めると見える世界 その苦しさの反対側には 必ず大きな光の世界がある 今いる場所がとてつもなく 深い闇のように思えたとしても、 その中には必ず 紅一点の光がある その紅一点の光に 辿り着いたなら、 深い闇から抜けて、 明 …

丁寧に「NO」をいう権利を持つ

「丁寧に、キッパリ断る」 子どもの頃、 不快な事をイヤです!と 自分の素直な気持ちを 表現しても受け入れられず 逆に 危険! 愛されない! 捨てられる?!といった 不安や緊張状態の続く環境で 長く過ごしてきた場合、 社会 …

薄味の幸せ

「薄味の幸せ」 過去に不快な出来事が あったとしても、 今、あなたの上に広がるお空には 晴天の青空が 広がっているかもしれない。 今、何かに 苦しんでいたとしても、 誰かに安心して その気持ちを伝えられるだけで、 明日、 …

グリーフ(哀しみ)をケアする

子どもの頃、夢にまで見た 理想の家庭像や人生の目標 当然あるんだろうと思っていた日々 もしもそれが、 叶わないとわかった時、 自分が大切にしていた人や 大切な物が失われた時 その夢が 強く望んでいたものであればある程 そ …

ドラマ「母になる」

母になる 異なる様々な女性が 人生を懸命に生き 「母になっていく姿」をテーマにした ヒューマンドラマ ある事件により実の我が子と9年間離れ離れになっていた産みの母 子どもを産むことが叶わなかったと劣等感に苦悩していた育て …

心のキャンバスを持つ

キャンバス 深い海の底のような哀しみの青色 いかりや憤りを表した赤色 自分の心を どんどんその絵の具に乗せて 怒りも喜びも哀しみも 寂しさや恐れさえも それがどんな心であったとしても 素直にありのままに 安全な決められた …

現在地を知る

自分と向き合う第一歩 それはまず現在地を知ることから始める 今、社会とのつながり感はどのくらいなのか? 友人とのつながりは? 家族とのつながり 過去とのつながり 自然とのつながり 思想、信仰心、哲学とのつながり 先祖や故 …

居場所は作ってもいい

「居場所」 子どもの頃 のびのびと自由に わがままを言い甘えたりと 家族の中に安心して 子どもらしくいられる 居場所があったなら、 その子どもの心には 私は “居場所を作ってもいい存在なんだ” と …

« 1 2 3 4 9 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

坂口カウンセラーのブログ

PAGETOP